2016-04-26

no title

芸能人がSNSで義援金を送る旨のツイートをしたら、「もっと金あるだろう」とか「売名だ」などと大炎上するそうです・・・。
このような人々は、震災に対する義援金と24時間テレビの募金を混同してるのかも。

24時間テレビでは、小銭の入った募金箱を持って会場に駆けつけて1曲歌うみたいな流れが決まり事になってますが、あれは番組のスタンスとして“小さな愛(小銭)がたくさん集まって大きなチカラ(大金)になりました~”という基本ベースがあるです。

ブランド品に身を包み、高級外車でさっそうと会場へ乗り付けた華やかな芸能人が、ジュラルミンケースから取り出した札束を置いて去っていくとか、スーツの内ポケットから小切手を出して置いていく、というような画を想像すると、芸能人らしい圧倒的な華があってカッコ良いですが、残念ながら番組の空気には合わない。

芸能人とは言えど庶民と同じスタンスで参加して欲しいという、番組の基本ベースに合わせた演出の1つとしての募金箱(小銭)であって、おそらくは事務所主導だったりするのだろうと思います。

それに、その芸能人のファンへ募金熱が伝染する効果が少なからずあるとすれば、札束よりも小銭のほうが募金のハードルは下がるし、最終的な募金額という結果だけを考えれば効果的かも。

「黙して募金すべし」みたいな美徳が正しい行為だとされるような風潮もありますが、俯瞰で捉えてみると、その単独行動だけで知名度を有効活用せず終わらせてしまう行為が正しいのかどうか・・・そこは難しいところです。


しかし今回のような震災に対する義援金は違う。

100歩譲って売名だったとしても、500万は500万で1000万は1000万なりの金額に比例した救済になる。
資産1億持ってる人の1000万だろうが、資産10万の人の1万だろうが、結果はその義援金の額に比例するわけです。

義援金は、被災した人々の助けになったかどうか、その結果こそすべて。

気持ちなんて形の無いモノは、何の救いにもならない。
何よりも形あるモノ(物資や義援金)ありきで、気持ちはそこについてくるおまけです。
おまけは、あると嬉しいけど無くてもいいもの。
東北の際の江頭2:50のエピソードみたいなものは、大当たりなおまけということになるんですが。

結果を早い段階で生み出すためには、その行動スピードも大事です。
だとすれば、芸能人がSNSで義援金報告することは、見ているファンに対して義援金の輪を早い段階で広げるという部分で有効かもしれません。
義援金の額を公にすることが軽くダサいことは大前提としても。

結果を見ずして、その過程の初歩段階に低レベルなツッコミを入れるような連中の行動は、超個人的な自己満足のウサ晴らしになるだけで、被災した人々の救いには全くならない。


こうして改めて言われずとも、火をつける人々はそんなこと百も承知でしょう。
そんなことわかってて、冒頭に書いたような炎上を起こす根本的な気持ちには“ねたみ・ひがみ”があるように思います。

金に余裕がない、仕事がつらい、愛する恋人・家族がいない、一緒に心から楽しめる友達がいない。
そんな日常を満たされぬ人々が、500万や1000万という高額な義援金を送ることのできる一見華やかに満たされた感の漂う芸能人をねたみ、ひがんでるんですね。

他者を否定することで己こそ正義とウサを晴らしてるようですが、その行為が周りからは「ひがんでる」「ねたんでる」と映ってることに気付いていないという、残念が過ぎるダサさ・・・。
義援金の額を公にすることを軽く上回るダサさです。


話をぐ~っと遡れば、以前に世間を賑わせた不倫の芸能ニュースもそう。

あまりにも自分と距離のある無関係な芸能人に対して“不倫はダメ”みたいな正論を振りかざすことって、冷静になって考えるまでもなく異常だと思わざるを得ない。

何ら実害の無い余所の庭での出来事に関心を持つことは異常だし、当人にしてみたら大きなお世話です。

“妻の身になると許せない”などと、見ず知らずの女性にそこまで感情移入出来る人もいたようですが、そんな人は今頃きっと地震の被災を疑似体験して食事も喉を通らず痩せ細ってることでしょう。
実際は今もスナック菓子食べながら芸能ニュースをチェックしてるんでしょうが。

不倫がテーマのドラマが昭和の時代から高視聴率を叩きだすのに、不倫の芸能ニュースがあれほどバッシングを浴びるという、同じメディアによって取り上げられる不倫ネタにも関わらず両極端な反応が生まれることには訳があります。
不倫ドラマは見るのに、不倫の芸能ニュースに対しては牙をむく人種を絞ってみましょう。

まず男性は皆無だと思うのでカットしていいでしょう。
よく言われることですが、男として原始的にある欲求として不倫を否定できないから。
ちょっと身銭があって、時間的・体力的な余裕のある健康男性であれば、バレなければ不倫したいという人は全然いると思います。

では女性を絞り込みます。

リアルタイムで不倫してる人は当然ながらカット。
自分もやってるんだから人のこと言えませんものね。

愛する恋人がいる人、旦那に愛されてる人もカット。
結局、人は自分が満たされていれば周りの雑音は気にならないものです。
他人に四の五の言う気が起きないぐらいに自分が恋愛において恵まれてると、赤の他人の恋愛など知ったことでは無い。

となると残るのは・・・

愛してくれる恋人がいない、もしくは旦那との愛が冷めている、かと言って不倫ドラマに出てくるような若いイケメンと不倫できる容姿も持ち合わせていない。

要は、愛に満たされぬブサイクな女性の“ねたみ・ひがみ”ということになります。
かなり痛いところにメス入れた仮説ですが、いかがでしょう?


芸能人のSNSやゴシップやニュースに対する大炎上なんて、その根本的なところは、満たされぬ日常に対する不満を、自分にないモノを持つ恵まれた人(カウンターの返って来ない距離のある人)に対して“ねたみ・ひがみ”を込めてウサを晴らしてるだけ。
そんなマッチ1本の些細な火種が、集まりに集まって大火事になってるだけ。

スルーしたら終いな話ですが、そんなウサ晴らしの常習犯が多くなると問題。
ウサを晴らすネタを探すためにネットニュースをチェックするようになってる中毒患者は多いと思います。

己を正義だと勘違いしてしまうそんな行為の中毒になってしまうと、ネット上だけでなくリアルな社会での人間関係でも、自己中心的で協調性を欠いた行動や言動で問題を起こすようになるでしょうし、そんな人々を放置してしまうと国民全体の質も下がり、大げさでなく国益に悪い影響を与えると思います。

時代についていけない頭の固い政治家の方々にも、法整備の追い付かぬ深刻な現状をきちんと勉強していただいて、そろそろ取り締まるべき線引きをつける方向で動き出してもらい、ネットリテラシー水準の高い社会にして欲しいです。

とりあえず現状わたしたちには、火事の匂いに鼻をつまみ、煙が目に沁みるので目をつぶり、煙を吸わないように口をふさぐことしかできませんね。
知りたい情報を知ろうとすれば、何かしらの火事に遭遇してしまうという・・・ホント困ったもんです。

2016-04-18

no title

義援金という、その後の使徒が不明確な形では、今の気持ちを消化できない。

これは善良な行いがしたいということではないです。
地震発生後に即行動へ移れらなかったことへの自己嫌悪に伴って、日々モヤモヤしてて寝つきが悪いわけです。
何かしらの行動によって、この自己嫌悪に苦しむ気持ちを少しでも消化したいという、要は、自分のために自己満足度が少しでも高い行動をしたいということです。

じゃあ、車に詰めるだけの物資を積んで、熊本まで車を飛ばすか?
そこは仕事が・・・とか家族が・・・などと、様々な言い訳でもって行動に移さない薄情者なので、いわゆる偽善ではありますが、そんな思いで夜な夜なスマホで調べてたら、見つけました。



「WITH THE KYUSHU」

福岡市
「平成28年熊本地震」に伴うお知らせ
髙島市長のブログ


福岡市が旧大名小学校で市民からの救援物資を受け入れ、熊本への運搬を一括して行っているとのこと。

既に金曜日の時点でスタートしていたという行動の速さ。
小学校なので、当然ながら教室がいくつもある訳で、物資の仕分けや管理もしやすく、駐車スペースも搬入スペースもある。
余震も警戒する中、自治体としての防災対策を進めると同時に、こんな発想と行動を翌日には起こしていたなんて。

凄いぞ福岡!大好き福岡!


我が地元では何らそのような行動が起こされる雰囲気もないし、「うちもやろうよ」と市に提案するなら、まずは自分が行けと言われて当然な他力本願野郎なので、とりあえず福岡の担当窓口にダメ元で電話。

同様の問い合わせも多かったのでしょう。
柔軟な対応で、県外からの宅配便での物資提供も受け付けてるとのこと。


現時点で行動できることが増えました。

これでグッスリ眠れるというほどの行動ではありませんが、自分という薄情者なりの行動が増えることで、自己嫌悪の気持ちは少しだけ消化できそうです。


拡散能力の低い当ブログではありますが、そんな方法もあるのだということをお知らせすべく記しました。


追記-----4/19

地元の行政も同様の動きを始めました。

福岡市の素晴らしい動き出しは、他の自治体もどんどん真似して連鎖して欲しいと思います。

2016-04-17

no title

自分の行動の遅さに幻滅。

救援物資を送ろうと思ったら、配送業者は揃って受付をストップしてた。

配送先も調べた、何を送るべきかもリストアップした。
さて送ろうと思ったところで、受付がストップされてることを知ったのでショックはデカい。


結局は、同じ九州に住んでいながらも対岸の火事なんだろう。

仮に身内が熊本にいれば、考えるよりも即行動でもっと動き出しは早かったろうし。
その場合、物資を送るではなく車飛ばして向かっていただろうけど。

そんな行動に移すこともなく、こうしてパソコンに向かってる薄情者なのです。


「昨日の地震凄かったよね~」なんてファミレスで話してるような薄情な人間の遅すぎる行動なんて、実際に被災された方々にとってはありがたくもないのかもしれないけど、配送業者の受付がスタートしたら何かしらの物資は送ろう。

こうなってくると、何かしなければ・・・というよりも、何もしなかったお詫びだわ。

Yahoo!は今回もマッチング寄付を始めてるし、日本赤十字社の受付窓口も開いてる。
ふるさと納税で支援するという目からうろこなアイデアも目にした。

ホント遅ればせながらで自己嫌悪だけど、現時点で出来ることを。

2016-04-07

AA=×Masato(coldrain)+Koie(Crossfaith) “FREE THE MONSTER”





ここ数日、ず~~~~~~っとリピートで聴いてる。
やっと好みのサウンドでリリースしてくれた感じ♪

2016-03-04

MAD MAX : FURY ROAD



ジョージ・ミラー監督「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

「怒りのデス・ロード」って・・・。
相変わらずの邦題センスの無さから漂うB級感をさておいても、これは観ておきたかった「マッドマックス 怒りのデス・ロード」。

リアルタイムではうまく時間を作れず観ること叶わなかったんですが、アカデミー賞10部門ノミネートに伴うリバイバル上映で叶いました。


すっかり世間の熱は冷めてる時期に、こんなこと言うのも恥ずかしいですが、ホントMAXに最高でした。

名は体を表すと言えるほどにMADがMAXどころかMAXIMUMで、こんなハードコアでパンクでヘビーメタルな映画は観たことない。
変な例え、大好きなハードコアやヘビーメタルバンドのベストアルバムを聴いたような感覚。
DVDに妥協せず劇場で観ることができてホント良かった。


北斗の拳な世界観も最高なら、各キャラクターも最高。
登場するカーもアクションも最高なら、様々なアイディアも最高で、衣装や小道具に至るまで隅から隅までに散りばめられた細かいディテールも最高。

もともと、説明が過ぎる映画は苦手。
背景や動機などをセリフでペラペラと話されると、想像で埋める楽しみの伸びしろを真っ黒に塗られてしまってゲンナリしてしまいます。

でも「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は2時間ほぼ追っかけっこのカーチェイス。
その過程でのキャラクターの振る舞いや差し込まれるカットや隙間にある1つのセリフなどで、そのキャラクターや世界の背景がやんわりと語られて無駄に水を差すような部分はしっかりカットされてる。

無駄を全く感じさせないので、先に述べたベストアルバムばりにイントロからアウトロまで一気に楽しめるんだと思います。


あれだけ冒頭から中盤に至るまで緊張感と興奮をキープさせられ続けて、アドレナリンが口から溢れんばかりにアガリまくったの久し振り、というか初めてかも。
年末に観た「スター・ウォーズ / フォースの覚醒」と互角と言ってもいいぐらい。
過去作の前振り抜きで言えば、互角というより超えました。

「スター・ウォーズ / フォースの覚醒」はリピート叶わぬままに上映終了になりそうなので、これはリバイバル上映中にリピートしとかねばならんかな。



2016-01-04

CASIO G-SHOCK


今年の買い初めはコチラ。
G-SHOCKは何本か持ってるけど、いわゆるアナデジって持ってなかったので。
初売りでお得だったし、とても新鮮で気に入ってます♪


2015-12-25

Star Wars / The Force Awakens




J・J・エイブラムス監督「スター・ウォーズ / フォースの覚醒」

仕事道具のパソコンが壊れるという緊急事態から逃避するように、憂さを晴らすべく観てきました。


予告が公開されてから、今か今かとワクワクしながら待ってた本編。
期待値を上げてしまうとガッカリすることも得てして多いので、予告以外の前情報は一切カットしてました。

しかし、十分に期待に応える面白さでした♪
観てない人にハードルを上げてしまうのは心苦しいけど、

A long time ago in a galaxy far, far away....

もう恒例のオープニングを改めて観れただけで満足でしょ♪
これ観れただけで1800円払う価値あります☆

ディズニーといえばお決まりのオープニングクレジット(シンデレラ城のアレ)をカットした心配りに頭が下がります。
個人的にはあったとしても気にならなかっただろうけど、確かにスターウォーズの世界観には合わないという意向も納得。


予告で全スターウォーズファンを歓喜させたハン・ソロやチューバッカには、当然ながら本編でも歓喜するんですが、本編のいたるところにオリジナル三部作オマージュ盛りだくさん♪

僕ぐらいのスターウォーズファンでもニヤニヤしちゃうぐらいなので、本気のファンの人だともっと気付くオマージュあると思います。


「ファントム・メナス」を観た時の何百倍もアガりました☆
あの時はもう1回観ようとは思わなかったけど、今回は映画館から出てきて即また戻って観たいぐらいでしたもの♪

ツッコミどころはアレコレとありますが、そんなことはどうでもよくなるぐらいに楽しかった♪

人気シリーズの新作って、シリーズのファンが雑にくっつけたような駄作も多いですが、オリジナル三部作のファンの気持ちも汲みつつ、新三部作のスタートとしても盛り上がれる、きちんと本気で丁寧に作られた新作でした。

新キャラクターも良いし、レイは新ヒロインとして最高にカッコよくキュート☆
BB-8なんて今更ラジコン欲しくなるぐらい可愛いし、今後への布石として気になる要素もたくさんあるし、次へと繋がる終わり方も抜群で、ついに新たなサーガが始まったんだなぁ〜とホント嬉しい☆

むしろ今作はスターウォーズファンへのおもてなしという感じで、次作からこそ本番ということで再来年「エピソード8」への期待も高まります♪


とりあえずオリジナル三部作を観返して、もう1回は観に行きます☆